生コスメ超浸透型美容液「四季ノ肌」ビューティワークスTOP > 成分について
成分について

「生コスメ・エイジングケア」の秘密は、これまでにない浸透力を実現した”APPS”が主成分。

≪APPS≫が、ビタミンCの浸透力を高めました。
ビタミンCは紫外線によるダメージをケアしたり、ふっくらとした肌へと導くコラーゲンの働きを助けたりと、エイジングケアには欠かせない美肌成分です。
しかし酸化しやすいなど不安定な性質があり、肌への浸透が難しい面がありました。
その浸透力を大きく改善したのが、新しいビタミンC誘導体≪APPS≫(※)です。 ※ APPS…製品の抗酸化剤
主成分≪APPS≫は、超浸透型のビタミンC誘導体です。
「四季ノ肌」の主成分”APPS”は、超浸透型といわれるビタミンC誘導体。
水溶性の「即効性」と油溶性の「浸透性」を兼ね揃えた新しいビタミンC誘導体で、従来のものと比べて100倍以上(※1)の浸透力があるといわれています。
肌となじむので肌の乾燥を防ぎ、深部(※2)にまで届いて、肌が本来持つ力をサポートします。 ※1 従来のビタミンC誘導体の100倍以上…メーカー調べ
※2 肌の深部…角質層まで
従来のビタミンC誘導体とAPPSとの比較
≪APPS≫の働きを守る≪生コスメ≫だから、消費期限があります。
”APPS”は鮮度があり、温度変化を嫌うとてもデリケートな成分です。
その働きを守るためには冷蔵保存が必要で、消費期限もあります。
それは「肌は生きているのに、化粧台に置きっぱなしの化粧水や乳液でケアしても大丈夫?」という化粧品に対する疑問への答えでもありました。

より実感できるエイジングケアを目指して、配合成分の”数”ではなく、”質”にこだわりました。

ビタミンE誘導体とヒアルロン酸配合で美肌力を高めます。
浸透力にすぐれた”ビタミンE誘導体”を配合し、”APPS”との相乗効果でより効率よく活性酸素に働きかけます。
またビタミンC誘導体”APPS”や”ビタミンE誘導体”が肌深く(※)に届いたら、高分子のヒアルロン酸が肌表面のうるおいの蒸発を防ぎ、しっとりとした弾力のある肌に導きます。 ※ 肌深く…角質層まで
高分子のヒアルロン酸がうるおいの蒸発を防ぎます。
心地よい香りが、お手入れの時間を癒しのひとときにします。
エイジングケアとしての性能はもちろん、使い心地にもこだわった「四季ノ肌」。
使うたびにやさしい香りに包まれ、お手入れの時間が楽しみになるように、植物由来成分の≪ノバラ油≫と≪ローマカミツレ花油≫を配合しました。
美肌成分として肌のキメを整えたり、うるおいをもたらす働きもあります。
「四季ノ肌」はお肌だけでなく、ノバラとローマカミツレの香りで心にもうるおいをもたらしてくれます。
肌に悪いものは、できるだけ使用しません。
「肌に直接使うのだから、不要なものは入れない」「とことん肌に良いものをつくりたい」にこだわりました。
デリケートな成分の品質を守るために、保湿剤の役割を兼ねたペンチレングリコールやヘキサンジオールを配合していますが、添加物は一切使用していません。
安心してお使いいただけます。
配合成分

お手入れは簡単に、でもしっかりと。肌が喜ぶエイジングケアの習慣が始まります。

化粧水と美容液をひとつにした、≪2in1≫タイプのローションです。
しっかり洗顔した後に、うるおいを浸透させて、閉じ込める。
そんな化粧水と美容液の役割をひとつにしました。
四季を通じてお手入れは簡単。
朝と夜のお手入れの習慣にしてください。
「四季ノ肌」は化粧水と美容液をひとつにしてあるので、お手入れが簡単です。
朝と夜、お手入れを重ねるほどに、実感いただけるはずです。
【お手入れの方法】
洗顔後、手のひらにたっぷり(500円玉くらいの大きさ)取り、パッティングせずにやさしくお肌になじませてください。
「四季ノ肌」をお肌になじませるようにしてお使いください。

ご使用・保管上のご注意

ご使用上のご注意
  • 目に入った場合はこすらずに、すぐ洗い流してください。
  • 傷やはれもの、湿疹等、お肌に異常がある場合、またお肌に合わない場合はご使用をおやめください。
  • お肌に赤みやかゆみ、刺激等の異常があらわれたときはご使用をおやめください。そのまま使用を続けますと症状を悪化させる場合がございますので、皮膚科専門医などに相談することをおすすめいたします。
保管上のご注意 生コスメのため、必ず冷蔵庫へ入れて保管してください。
冷蔵保管により白濁した場合も品質に問題はありません。
  • ご使用後はフタをきちんと閉めてください。
  • 冷蔵庫に入れ忘れるなど、温度変化に伴って色や香りが変化する場合があります。
  • 乳幼児の手に届かないように保管してください。